各方面から高評価!撥水風呂敷の魅力

風呂敷は日本の伝統的な「もの」を包む道具です。現代では鞄や収納ケースによってほとんど出番が少なくなってしまっていますが、撥水風呂敷という新しい付加価値をつけた風呂敷がテレビなどでも取り上げられる機会が増えています。

各方面から高い評価を受けている撥水風呂敷は、普通の風呂敷と違って布地なのに水を吸収するのではなくはじくという点が大きな特徴です。それによってどのような魅力が作り出されているのかというと、例えば雨のときでも安心して物を運ぶことが出来ます。日本は高温多湿の国であり、五月から六月にかけては梅雨がありますし、八月になれば台風もやってきます。つまり雨の中を外出しなければいけない場面が多くなるのです。そこで和服を着て出かけるというときにに、無粋なビニール袋などを抱えているのでは見た目がよろしくありません。それに鞄も普通の生地ならば雨に濡れると中も水浸しになってしまいます。水をはじく撥水風呂敷であれば、和の厳かな雰囲気をもたせつつ、包んでいるものを濡らすことはないので気軽に持ち運ぶことが出来ます。

他に魅力を挙げるとすれば、その持ち運び安さという点にもあります。風呂敷は一枚の布ですから使わないと菌は小さく折りたたんでおくことが可能です。もし、外出先で雨に降られるようなことがあっても、鞄の僅かな隙間に入れておくことが出来るので取りだしてすぐに使うことが出来ます。そして持っている鞄を撥水風呂敷で包んでしまえば、鞄の中のもも雨から守ることが出来ます。

いざというときに出番があるということでは、災害時にも活躍します。風呂敷は包むだけでなく結び方によってはカゴのような器にもなります。そこに水を汲むことで、地震などがおきたときに給水バケツの代りとなるのです。しかも、水をはじく素材であっても、水を通さない素材ではないので、水を入れた風呂敷を絞ればシャワーのように水玉が出てきます。ジョウロのような道具がない時に代用品とする事もできるのです。

テレビでも撥水風呂敷特集が組まれた!

流行は年十年か後に再び繰り返されるとよく言われますが、まさにその通りだということが出来るのではないでしょうか。

何年も前、何十年も前のメイクやファッションが再び注目され、流行しているというのはよく見聞きします。
良いものは何度でも繰り返し流行るのも当然かもしれません。

近年では、メイクやファッション以外にも日本で古くから愛されて使用し続けられてきたものに注目が集まるようになりました。西洋化され利便性を追求する現代社会の生活の中にあって、そのような日本の伝統を感じるものが新鮮に映り、そして改めてその価値が見直されています。電子機器や家電製品を使用せずとも知恵を絞り、工夫を重ねて生きていた日本人の生き方が再評価されていると言っても良いでしょう。

日本人が古くから愛用し続けてきて、最近人気が出てきているものはたくさんありますが、風呂敷もそのようなものの一つです。手軽に持ち運びが出来て、簡単にものを包み運ぶことが出来ます。

しかもビニール袋や紙袋のように環境に影響を与えるものでもありません。柄も豊富にありますし、包み方にも様々なバリエーションがあります。最近では、贈答品を風呂敷でおしゃれに包むことも人気です。

ただの一枚の布のように見える風呂敷ですが、一枚の風呂敷には日本人の知恵と工夫が詰まっていると言えるでしょう。しかも風呂敷は更なる進化を遂げており、撥水性を持つ撥水風呂敷まで登場しています。
その名前から分かるように水や液体をはじく風呂敷で、雨や水から包んでいるものを守ることはもちろん、四方を結べばバケツの代わりに水を運べるほどの撥水性を誇ります。

単なるものを包む風呂敷としてだけでは無く、非常時にもバケツの代わりに使用出来る風呂敷としても注目を集めています。

テレビでもそのような撥水風呂敷の特集を組まれたことがあり、撥水風呂敷の持つ用途の多様さは風呂敷の新たな可能性を感じさせてくれます。

これからもますます撥水風呂敷への注目は高まっていくことでしょう。

肌触りも良い撥水風呂敷

風呂敷は、二巾と呼ばれる68センチサイズが一般的ですが、バンダナサイズの小ぶりなものから2m四方の大判なタイプまで形にもバリエーションがあります。リーズナブルな価格から販売されているので、普段用のバッグにたくさんの種類を用意しているように、風呂敷も入れるものの大きさやその日のファッションスタイルに合わせてたくさん用意しておけば役立ちます。
風呂敷は、色や柄にも豊富な種類があり、和風のアイテムでありながらも洋風の生地のようなデザインも多くあります。普段の洋服スタイルでも違和感なく利用することができるので役立つのですが、さらに使い勝手が良い加工が施されたものも人気があります。
撥水風呂敷は、風呂敷布に撥水加工を施したものであり、大事なものを中に入れても雨の日に持ち歩いて濡らすこともありません。また、外側からの水気だけでなく中からの水気にも役立つことになります。撥水風呂敷は、水気のあるものを中に入れていて、傾けてしまったり蓋が開いてしまったなどのトラブルで水がこぼれてしまっても、風呂敷内でおさめることができます。風呂敷布に染み出ることもなく、また滴り落ちてしまうということもありません。
折り畳めばコンパクトなサイズになるので、風呂敷はバッグの中にサブバッグとしていつも入れておくにも役立ちます。急に雨が降ってきて傘を持っていなくて困ったという時でも、撥水風呂敷であれば雨よけとして広げて傘の代わりとして頭や顔をカバーすることもできます。物を包むだけでなく、さまざまな用途としても活躍することになり、冠婚葬祭などのかしこまったシーンだけでなく、アウトドアシーンであっても役立てることができます。
撥水風呂敷は、表面に撥水加工が施されていることからさらっとした肌触りであることも魅力です。程よい光沢感があるので上質に見せることもでき、一つは持っておきたい風呂敷の種類として多くの人から高い評価を得ています。